2011年12月01日

12月旬野菜

エリンギ ほとんど栽培で実質年中。
かぼちゃ 収穫は夏。貯蔵で甘みが増すので冬まで可。
カリフラワー
キャベツ あまり旬なし。本来甘み増す冬。春にやわらかい春キャベツ、夏は高原キャベツ。
きょうな(みずな)
くわい
ごぼう 4、5月は新ごぼうで香り重視。
こまつな
さつまいも 貯蔵して少し乾燥した冬のが甘い
さといも
しゅんぎく 春に咲くので春菊。食べるのは冬。
だいこん 品種によっては春も。
ちんげんさい
ながいも 冬が基本。春堀りは旨み濃い。
はくさい
ブロッコリー
マッシュルーム ほとんど人工栽培で実質年中。
芽キャベツ
やまいも
レタス 本来冬。夏は高原レタス。
れんこん

キウイ 国産は冬から春。ニュージーランド産は春から初夏。
みかん
りんご
レモン


野菜が取れる時期(旬)と季節はずれでは野菜の栄養価が3倍も違うと言われており、
季節の野菜を上手にいただく事が大切です。
栄養価が高く、価格の安い旬の時期の野菜を上手に頂きたいですね。

ひらめきあくまでも旬の参考です。判断は飼い主様でお願いします



人気ブログランキングへ


にほんブログ村 犬ブログ 犬 食事・栄養へ


【旬の野菜の最新記事】
ニックネーム やこ at 00:00| Comment(0) | 旬の野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月30日

冬の野菜

白菜(はくさい)
水分が95%以上、ビタミンC、カリウム、食物繊維

小松菜(こまつな)
カルシウム(ほうれん草の3〜5倍以上)、カロチン、ビタミンC、E、K、鉄、カリウム

かぶ
消化酵素(ジアスターゼ)(白い根の方に)
カロチン、ビタミンC、カルシウム(それぞれ葉の方に)

大根(だいこん)
消化酵素(ジアスターゼ)(白い根の方に)
カロチン、ビタミンC、カルシウム(それぞれ葉の方に)

みず菜


位置情報冬おぼえがき
気象学では12月・1月・2月。
冬の野菜には、根菜、小松菜、ねぎなど、からだを温める作用があります。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 犬ブログ 犬 食事・栄養へ


ニックネーム やこ at 00:00| Comment(0) | 旬の野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月18日

伝承療法

111a.jpg

以前にきいた話です

老衰、貧血のために寝たきりでぐったりしていた犬を見て、知り合いが
「犬が何も食べられなくなってこういう状態になったとき、スプーン1杯の酢と砂糖を混ぜたものをなめさせるのよ。すると、翌日には立ち上がって歩き回っている」と。
ヘーそうなの…と、半信半疑ながらも、朝起きてすぐにやってみたら
なんと、30分もしないうちに たちあがり、歩き始めたらしい。

すごいと思いませんか? 
ただの酢と砂糖ですが、弱った犬の身体の中で、
一体どのような化学反応が起こったのでしょうか?

phのバランスが一気に変わった?
『氣』が通る食物なの? 
酢の酵素? 
血糖値があがった? 




でもね、『おかあさん』としては、
なにも数値で証明できなくてもかまいません。
気分がよくなって、一日でも幸福な気持ちで過ごせる日が多くあれば。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 犬ブログ 犬 食事・栄養へ


ニックネーム やこ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする